娯楽黙示録

趣味の趣味による趣味のためのブログ

マキシマムザ亮君の息子、呈くんの個展「奇怪イラスト展」で保育園児の絵に度肝をぬかれた

 f:id:fxxkface:20180220221751j:image

2018年2月17日

東京は元浅草にある「mograg garllery」にて2月16日〜18日まで開催された個展

「奇怪イラスト展」へ行ってきた

 

わたくしが地球で一番好きなバンド

「マキシマム ザ ホルモン」のマキシマムザ亮君の次男、呈くん(6歳・保育園児)による個展である

f:id:fxxkface:20180219232057j:imagef:id:fxxkface:20180219232108j:image

 

ホルモンの公式Instagramで去年、亮君が呈くんが5歳の頃の絵を上げてるの見て

「めっちゃうめ〜!!」とか思ってたけど、あれはほんの序の口で、この個展では単なる「保育園児のお絵描き」とは一線を画す、更なるとんでもない絵の数々を目の当たりにすることになる...

 

いざ会場へ

13時に整理券配布ということで、20分前くらいに会場へ

既に行列!

f:id:fxxkface:20180219234053j:image

初日では整理券ソッコー無くなったというツイッターの前情報・・・!

ホルモン大好きだけど、ライブとか全く当たらない「ホルモン運ゼロ」だからめちゃくちゃ不安になる笑

 

が、無事整理券ゲット!!

f:id:fxxkface:20180219234336j:image

14:40〜15:40の間に入場可能ということでテキトーに時間を潰して再び会場へ

 

いざ入場

ミミカジルのBOSS、1000極さんによるチケットチェック

DVDではよく見る1000極さんだけど生で見るのは初めてでちょっと感激w

 

そしてなんと通りに面した物販コーナーには亮君の姿が!!

 

高まる感情を抑えきれないままいざ入場・・・!

 

入り口前には亮君からのメッセージ

f:id:fxxkface:20180220074809j:image

 

会場に入ると入り口横にちょこんと座る可愛らしい少年がいた

そう、この個展の画伯、呈くんである

見た目は可愛らしい普通の保育園児

 

呈くんはこの個展中も常にペンを握っていてスケッチブックに新作をどんどん描いていた

絵に対してストイックすぎる笑

そしてそこに描かれていた新作も、とても保育園児とは思えない、とてつもなく綿密なタッチでかなりヤバイ笑

 

壁一面に貼られた4歳〜現在に至るまでの大量の絵

独創的でオリジナリティ溢れる絵もあればTPOをわきまえた保育園でのクレヨン画もあり笑

ホルモンの楽曲のようなジャンルレスで多種多様な絵の数々に圧倒されまくりの脳汁出まくり!

 

撮影OKな絵もあり、これはおそらく保育園で描いたと思われるカレンダーの挿絵

f:id:fxxkface:20180220212958j:image

ママは人間だけど、パパ、つまり亮君は怪獣のような化け物のような姿で描かれている笑

 

亮君による英才教育

f:id:fxxkface:20180220213230j:image

子供心を理解しまくってる亮君ならではの教育法「禁止プレイ教育」

こんなお父さん羨ましすぎる笑

 

会場は2室に分かれていて奥のブースは6歳現在の絵が展示されていた

で、このブースがとにかくヤバすぎた!

↓写真撮影OKの6枚(めちゃくちゃ混んでで上手く撮れなかった泣)

f:id:fxxkface:20180220214130j:image

f:id:fxxkface:20180220214229j:image

f:id:fxxkface:20180220214246j:image

f:id:fxxkface:20180220214306j:image

f:id:fxxkface:20180220214319j:image

f:id:fxxkface:20180220214329j:image

いや、保育園児が描く絵のそれではない!

「保育園児にしては上手い」とかそんなショボいレベルじゃねぇ

こんな細かく綿密な線の重なりを描ける保育園児なんて地球にこの子しかいないんじゃね笑

 

点々、呈のオリジナル、のんべらぼう、めっちゃ好き

ガンガーも亮君が描く絵っぽくて良い

いや全部サイコーだわ笑

 

このブースには他にもGANTZの奥先生、セキンタニ・ラ・ノリヒロ、そして父であるマキシマムザ亮君のリメイク画もありかなり大興奮!

 

もうね、あと2時間は見てたかったけど会場待ちの人もいるし混んで来たしで長居するわけにもいかず、退場

 

最後に亮君に握手してもらって猛照れ

おれにとって神に近い存在すぎて、目の前にして緊張しすぎて、まるで喋れず...泣

 

グッズ購入

もちろん全種類購入〜!

f:id:fxxkface:20180220212930j:image

ステッカー、貼る用にもう一枚ずつ買えばよかった泣

 

f:id:fxxkface:20180220222705j:image

そしてこのトートバッグの文字が気になった

「My shit stinks much more than yours」

英語は得意ではないけど直訳すると

「俺の糞はお前の糞よりもめちゃくちゃ臭ぇ!」かな?

 

これに込められた意味とは??

 

昔、「今日の亮君」やインタビューで亮君がこんな事を言ってたのを思い出した

 

「今まで食べてきた音楽の要素がマキシマム ザ ホルモンの胃や腸を通して消化されて固まって出て来たものがホルモンの楽曲」

「周りから見れば臭くて気持ち悪く目を背けられる糞でも立派な肥料となる。いつかホルモンの作った糞がだれかの肥料としてエネルギーとなり育てばいい」

(↑たぶん10年くらい前の今日の亮君

 

これをさっきの文章に当てはめるとするならば!

 

「呈くんの絵はお前らが生み出す何よりも濃密で強烈なものである」

そんなメッセージが込められている気がする(勝手な解釈)

 

とにかく大満足なイベントであった

毎年やって欲しい

 

あと久しぶりにホルモンのライブにも行きたい

 

おわり

 

 

 

【新潟100名山】弥彦山登山〜初心者にオススメ!気軽に登れる表参道コースから〜

f:id:fxxkface:20171105174741j:plain

2017年10月28日

新潟県西蒲原郡弥彦村にある弥彦山(新潟百名山No.40 標高634m)に登ってきました!

弥彦山は低山ながらも人気の山で毎年多くの方が登山に訪れています

山の麓には新潟を代表するパワースポット「弥彦神社」があるため、普段登山をしないような人も私服にスニーカーで観光ついでに登る人も多く、体力さえあれば気軽に登れちゃいます

山頂までのロープウェイもあるので登山をしない人はそちらを利用するのもアリですね

いくつか登山コースがありますが今回は初めてなので最もポピュラーな表参道コースをチョイス

続きを読む

【ウォーキング・デッド】シーズン7第11話 あらすじ&感想!ユージーン、サンクチュアリでの新生活

f:id:fxxkface:20161203224330j:plain

「自我を失い」

ダリル脱走直後のサンクチュアリの様子が描かれた今話

ダリルを逃してしまったドワイト坊やと拉致られたユージーンにスポットが当てられた話しでした

攫われたユージーン、彼の運命は?!

続きを読む

【ウォーキング・デッド】シーズン7第10話 あらすじ&感想!新たなコミュニティ登場!

f:id:fxxkface:20161203224330j:plain

「瓦礫の牙城」

前話ラストで意味深な笑みを浮かべたリックでしたがその真意とは?

第10話では新たなコミュニティが登場するが...

続きを読む

【新潟100名山】鳥坂山登山〜日本一小さい山脈「櫛形山脈」の北端に位置する里山〜

f:id:fxxkface:20171021191956j:plain

2017年10月21日

新潟県胎内市の鳥坂山(新潟百名山 標高438.5m)へ登ってきました!

鳥坂山(とっさかやま)は「日本一小さい山脈」として有名な櫛形山脈の北端に位置する里山です

標高は438mと小さい山ながらもいくつも登山コースが整備されており、地元登山客には人気の里山である

この日は台風21号が接近してることもあり、いまにも雨が降りそうな天気だったが、

そんなの関係ねぇ!

ここ最近は休日に登山するのが日課なのだ

朝起きて雨が降ってないなら登山だ!(ホントは違う山に行きたかったが結局雨を心配してサクッと登れそうなこの鳥坂山をチョイスした笑)

続きを読む

【ウォーキング・デッド】シーズン7第9話 あらすじ&感想!仲間を集めようとするリック達!しかし・・・

f:id:fxxkface:20161203224330j:plain

 「戦いの礎」

シーズン7後半スタートです!

第9話はサブタイトル通り「戦いの礎」を築くために仲間集めのために走るリック達でしたが、なかなか上手く行きませんね笑

海外ドラマ特有のあまり動きが無く、展開遅めでダラダラ進む感じの回でしたが最後の最後に気になる展開きましたね!やつらは一体何者なのか・・・?

続きを読む

【新潟100名山】五頭山登山〜初心者にオススメのどんぐりの森コースから〜

f:id:fxxkface:20171015163016j:plain

2017年10月14日

新潟県阿賀野市の五頭山(新潟百名山No.35 標高912.5m)へ

五頭山は5つの峰が連なる山で山麓にはキャンプ場や温泉が整備されており新潟県下越地方では有名かつ人気の山である!

出湯(でゆ)温泉登山口と、旧スキー場(どんぐりの森)登山口の二つがあるようです

新潟県の「山のグレーディング表」によればどんぐりの森登山口のほうが難易度は低い

初めての山ということで今回はどんぐりの森登山口をチョイス

続きを読む